このエントリーをはてなブックマークに追加

奥深い楽器の魅力

大事に使用してきた楽器の買取は

これまで大事に使用してきた楽器も、古くなればいらなくなる時がくるもので、大事な楽器を手放す時には捨てるよりも大事に使ってくれる人に譲るか、買取店に買い取ってもらうことをおすすめします。

電化製品は新しくなければ買取不可能な商品もたくさんありますが、意外にも楽器は古くても高く売れるものも多く、特に年代もののギターやベースやピアノなどには、驚くほどの高値が付けられる場合もあります。


業者選びが重要

 

楽器を買取店に売ることを決めたら業者選びが重要になります。

楽器を買取りしてくれる業者は今では日本全国に数え切れないほどあって、ギターやピアノなど有名な楽器であれば、近所のリサイクルショップでも喜んで買取りしてくれます。

しかし最近では楽器だけを買取りしている専門の買取店も増えていて、そのようなお店の方が高額で丁寧に対応してもらえる可能性が高くなっています。

近所にそのようなお店がなくても、今ではインターネットで検索すれば、楽器専門の買取店はたくさんあるので、まずはインターネットでいろいろ調べてみましょう。


ほとんどの買取店は3つの方法で買取り

 

買取店によっても異なりますが、ほとんどの買取店は3つの方法で買取りを行っています。

1つは店頭買取りで、これはお店が近くにある場合しか利用できませんが、たまたま目当てのお店が近くにあれば、自分で楽器を持ち込むことで買取金額をアップしてくれるところが多いのでおすすめの買取方法です。

店頭買取り以外にも出張買取りという方法があり、これはわざわざお店に出向かなくても、自宅や仕事場など指定した場所に来てくれるサービスで、特にピアノなど持ち運びが難しい大型の楽器を買取りしてもらう時におすすめの方法です。

そして最後が宅配買取りで、これは全国どこからでも利用できる買取り方法で、自宅にいながら問い合わせから入金までを完結できる方法です。

宅配買取りでも業者によっても対応は異なり、送料を負担してくれないようなところもありますが、ほとんどは送料無料で手数料も無料で指定の銀行口座まで振り込んでもらえるので、手間がかかることと言えば楽器を発送することくらいです。

しかし発送する場合も買取店指定の宅配業者などが梱包も全て手伝ってくれる業者も多いので、面倒な場合はそのようなサービスを提供している業者に絞って依頼することをおすすめします。

Pick-Up Topics

シンセサイザーの変遷

 

シンセサイザーは、演奏する人が自分なりの音を作ることができる電子楽器です。

シンセサイザーがあればいろいろな音素材を合成して新しい音をつくることができ、最近のシンセサイザーには何百ものボイスが搭載されているので、その中から好きなボイスを選んで演奏に使用できます。

シンセサイザーにはピアノやギターの音以外にも、風や雷など自然界の音などを鳴らすこともでき、音の高さも自由に変えられます。

「シンセサイザーの変遷」の続きはこちら

真空管ギターアンプの魅力

 

最近ではあまり耳にする機会がなくなりましたが、真空管とは限りなく真空に近い状態のガラスや金属などの容器の内部に電極を封入して、電子を放出する電極を高温にして、陰極表面から電子を放出させて、この電子をグリッドで電圧制御することで、発振、変調、検波、増幅などの作用を行うことができる電子管の総称です。

今どき真空管アンプと聞けば、かなりマニアックという感じを持つ人も多いでしょうが、最近ではプリメインアンプだけでなく、真空管を搭載するヘッドホンアンプなども見られるようになっていて、若者からも注目されています。

「真空管ギターアンプの魅力」の続きはこちら

フレットレスベースの魅力と活躍の場

 

フレットレスベースとは、その名前通りに、通常のアコースティックベースやエレクトリックベースとは異なり指板上にフレットがないベースのことです。

フレットがない以外にはフレッテッドベースと構造上の大きな違いはなくて、フレットの代わりに目印となるラインが書かれていることもあります。

フラットベースにはエレクトリックのタイプとアコースティックのタイプなどいろいろなバリエーションが存在しています。

「フレットレスベースの魅力と活躍の場」の続きはこちら